koarakko

CloudFormationでElasticBeanstalk作成時のエラー調査

概要CloudFormationでElasticBeanstalkを作成した際に、遭遇したエラーと解決方法を記載エラーThe following resource(s) failed to create: [Environment]. . Rollback requested by user.

CodeBuildのDocker上でAWSクロスアカウントロールする方法

CodeBuild上にてクロスアカウントを利用した別アカウントのAWSサービスを利用する方法について書きたいと思います。前提クロスアカウントしたいアカウントからAssumeRoleによってアクセス許可されていることクレデンシャル以下の

CentOS7において「gyp ERR!」に対する解決

GitLab Runner: gitへPushする際にgit remoteをキャッシュしてしまいエラーになる件

事象GitLab Runner上でgitlab-ci.yamlの処理の中で、2度目の実行から、git remote add した際にリモートリポジトリの宛先が既に登録されているとエラーが表示される。$ git remote add codecommit https://git-codecommit.ap-northeast-1.

docker in dockerの起動方法について

docker in docker(dind)を試したのでそのやり方について記載します。CI上でdocker-composeを起動させてたくて、試したのですが結果的に利用しなかったのですが、折角試したので備忘として書いておこうと思います。Docker in DockerとはDockerコンテナ上でDockerを起動させることです。厳密にはホストのDockerデーモンを共有

AmazonLinuxでSELinuxを有効にするCloudFormationテンプレート

最近週末は、趣味でSELinuxを触っています。手軽に試したかったのでAWSのAmazonLinuxを使うことにしました。しかしAmazonLinuxはデフォルトでSELinuxがインストールされておりませんので、SELinuxパッケージ群をインストールする必要があります。SELinuxはモジュールをカスタマイズしていくので、ごちゃごちゃになってたりするので、頻繁に環境を作り直しをしたくなりま

nodebrewをインストールして手軽にバージョン変更

最近、CIを使ったテストをしていて、その際にアプリケーションのNode.jsのバージョン6でないと行けないものがあったので、nodebrewを使って、検証しました。今回は備忘としてnodebrewのインストール方法について書きたいと思います。nodebrewをインストールインストールは下記のコマンドで一発なのでとても簡単です。

KMSを使用してキーを暗号化&復号する手順

久しぶりのブログの更新となります。今日はAWSの鍵管理サービスの一つであるKMSについての記事を書きたいと思います。手順キーを作成するまずCMKと呼ばれる暗号化するキーを作成します。aws kms create-key --description test-key --region ap-northe

no image

SORACOM GateでIPIPトンネルを使ったルータ越え

前回はIPsecでルータ越えをするネットワークを構築しましたが、インターネットに出ないので暗号化は要らない。ということでIPIP(IP over IP)トンネルを使ってルータLAN内のネットワークと通信を試します。通信対…

no image

SORACOM GateにstrongSwanでIPsecを張ってルータ越え

今回はSORACOM Gateというサービスを使ってSORACOM SIMの刺さった機器に対してリモート接続する技術について書きたいと思います。本来の用途ではSIMの刺さった端末に対してのリモート接続を提供しているサービ…