Node.jsでTwitter APIを使ってツイートを取得(APIの初期設定からやってみた)

休日にTwitter APIを使ってみたので、備忘としてブログに残しておこうと思います。
APIを利用できる状態(初期設定)がすごく大変でした。APIを利用するためには、アプリケーションの情報(Key,ID)を事前に取得して必要があります。実際やってみたときは、「どこからAPIのID取得するの?ってなって10分くらいさまよいました。。。」ということで早速やってみたいと思います。

前提条件

  • ツイッターアカウントを取得済みで、電話番号が連携されていること。(APIキー取得時に電話番号が連携されてないとキーが取得できないようになっています。)
  • Node.jsの実行環境が構築済みであること

事前作業

APIを実行するには、こちらの4つの情報が必要になります。

  1. consumer_key   ・・・アプリケーションのキー
  2. consumer_secret  ・・・アプリケーションのシークレット
  3. access_token_key  ・・・ツイッターアカウントのキー
  4. access_token_secret ・・・ツイッターアカウントのシークレット

アプリケーションを登録してAPIの取得

まずは、consumer_keyとconsumer_secretを取得します。

1.下記URLよりアプリケーションを登録をおこないます。

https://apps.twitter.com/app/new

以下のように必要な情報入力していきます。

※ Nameは一意の名称である必要があるので、他の人が既に使用している名前での登録はできません。

※ Descriptionは10文字以上で無いとエラーになるので、最低10文字は入れてください。

2.入力が終わったら、画面下の同意欄にチェックを入れ、[Create your Twitter application]をクリックして、アプリケーションを作成します。

3.これで登録完了となるので、[Key and Access Tokens]タブをクリックするとアプリケーションで利用するAPI key & Secretの情報を確認できます。

ツイッターアカウントのトークンを取得

残りのaccess_token_keyとaccess_token_secretの取得をします。
先程の画面下スクロールするとYour Access Tokenという項目があります。ここの[Create my access token]をクリックすると残りの2つを取得できます。

クリック後、トークンが表示されるかと思います。

これで事前作業となるアプリケーションのキーおよびツイッターアカウントのトークンの取得は完了です。続いて実際にツイートを取得してみたいと思います。

やってみた

user_timelineというAPIを使うことでツイートを取得できます。

ツイート取得

実行結果

ツイッター社のツイートが表示されることが確認出来るかと思います。

参考URL

Get Tweet timelines

以上

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク