【デザイン観察日記】りんごゼリーのパッケージデザイン🍎

こんにちは!

今日のおやつはりんごゼリー🍎

観察しながら食べましょう〜!

数あるりんごゼリーのなかから、今回食べたのはこちら。

国産りんごゼリー🍎

冷蔵庫にあったので食べた◎

赤に白の文字が目立ちますね。可愛いりんごちゃん🍎という感じの目が付いている絵。りんごの輪郭だけで、赤色の地に、りんごの形を想起させていますね。

愛知県のりんごゼリーのようだ。

果汁40%で、甘くて、食べてみると、すっきりした少し固めだけど、程よい柔らかさの食感。

子供にも👶うけそうですね!

今回初めて知ったのはこれ。

梱包をしている会社。

四国化工機グループ

身近な食品の梱包をしたりしている会社で、1961年から続く長い歴史があるそうだ。食べ物単体への興味から、パッケージへ、さらにその先へ。

詳しくはこちらのホームページに乗ってますね!

会社の歴史、タンクメーカーとしてスタート

まとめ

今回改めて認識したのは、一つの商品には、たくさんの人が関わっているのだということ。普段忙しくしていたら、忘れがちだけれど、ものとして存在しているということは、そこに至るまでにさまざまなプロセスを踏んで来たということで、いきなりポン!と現れて胃袋に収まった訳ではないということ。

日常の物事に思いをはせる余裕と想像力がもっと豊かになったらいいなぁ🍎と思いつつ食べ終わりましたとさ!

おーしまい!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク