no-image

【デザイン観察日記】歩きタバコ、ポイ捨て禁止マーク編

こんにちは!

一気にブログ書きつつ、眠さが押し寄せている今、取り上げるのは〜


歩きタバコはやめよう/ポイ捨て防止条例制定区

のサイン。

よく道路の真ん中についてるやつですね。

タバコが歩いてるよ🚬ある意味わかりやすい。口ってそこにあるんだね。腹巻きおじさんっぽいかも笑

ポイ捨てされたタバコは、火の不始末で火事になったり、水に濡れて、排水口とかでぶわーーーってふやけて散らばって、掃除が面倒になったり、環境汚染にもなると思う。

タバコポイ捨てする人は、お茶飲むときにティーバックが破れてお茶っぱがはみ出てくる面倒くささをもっと味わってみて、想像してほしい。

そして水などは、記憶力と感情があるかもしれないから、そのような水にしたら、いつか自分に還ってきてしまうと思う。

参考文献

水は答えを知っている

その結晶にこめられたメッセージ

著者:江本 勝

定価:本体価格 1,600円 + 税

ISBN978-4-7631-9396-4 C0030

四六判並製 本文206ページ

2001年11月25日初版発行https://www.amazon.co.jp/水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ-江本-勝/dp/4763193961

ところで、呼びかけの言葉は、日本語だけでなく、世界共通語の英語はもちろんのこと、韓国語と中国語でも書いてある。4ヶ国語で書き始めたのっていつからなんだろう?

国籍が多様になっても、ポイ捨ては無くならないんだなぁ。

お花畑と豊かな自然に囲まれて生きたいな〜
ではまた!