no-image

【美術館レポート】Bunka mura museum編🐈猫たち

こんばんは!

今回の美術館レポートは、Bunka mura museumの猫たち。

渋谷駅から徒歩5〜10分ぐらいで行けます◎

前回はアルチンボルドがある展示でしたが、今回は猪熊弦一郎による猫だらけ!な展覧会。

癖のある猫の絵は、のびのびとした猫たちの様子が描かれており、疲れた脳みそに癒しをくれました🧠

特に印象的だったのは、猫たちが一斉にこちらを見ている絵。多猫飼いという、たくさんの猫を飼っている人にはあるあるな現象らしい。彼らは一斉にこっちをみるそうで。

動画とかでもよくある、みんながその対象を見て、目で追うやつ。

なんて可愛くてシュールな光景🐈

チケットのフォントも、猫という漢字の草冠が猫耳になってて可愛い。

グッズもいろいろ出てて、猫の絵シャツとかよく売れているようだった。猫好きが多いな〜

個人的には、鳥の絵とかの色合いも好きでした!

次はくまのパディントン展ということで、動物がしばらく続きそう。音声案内が、グレーテルのかまどでお馴染みの瀬戸康史さんということで楽しみにしている🐻

ママレードサンドイッチを食べながら待つとしよう🍊

おまけ。新宿駅にもたくさん貼ってあったポスター。

では!